ストレートネックが良くなり、毎日飲んでいた薬も飲まなくなりました

改善事例集キャッチ完成

患者

女性 50代 揖斐郡 Kさん

来院

2016年8月

症状

うつむく姿勢でPC作業や事務作業をすると、首〜後頭部にかけてのハリや痛みが出てしまい、肩にかけても全体的に筋肉痛のような痛みがある。

1週間前から浮遊感、ふわつきがあり「めまい」のような症状が強く出る様になりイスに長い間座れなかった。

日中なにもしていない状態や寝ていても両腕、手先のシビレがあり、一晩で2回は目が覚めてしまう。また両足・膝から足の前側のシビレも合わせてあった。

病院では半年前にレントゲン検査にて、ストレートネックと診断を受け、毎日痛み止めのロキソニンやセデスを服用していたが身体の状態にあまり変化はみられなかった。

めまい・ふわつき・ストレートネック(加藤絹代)

治療内容と経過

頚椎の生理的湾曲が少なく、首の関節部の可動性も制限されていたので頚椎矯正をした所、両腕・手先にかけてのシビレは3回目以降消失した。

来院されるまでの半年前から毎日痛み止めを服用していたので、その後は薬の量を少しずつ減らしていってもらった。

通院のペースとしては5回目までは週2回、その後は症状が落ち着いてきたので、毎日飲んでいた薬の量を減らしてもらいながら、2ヶ月目は週1回、3ヶ月目は2週に1回と通院の間隔を徐々に伸ばしていった。

2ヶ月目以降は、どのイスに座っても気分が悪くならず長時間座れるようになり、正しい姿勢をとれるようになってきた。めまい・ふわつきもなく首・肩こりも楽になり不快な症状が全てなくなっている。

現在はコンディション維持のため3週間に1回のペースで通院されている。

使用した主な手技療法

頚椎矯正・骨盤矯正

考察

今回のケースだと首・肩こりに加えて、神経症状である両腕から手先にかけてのシビレに合わせ、めまい・ふわつきも見られた。これらの症状は筋骨格系では頚椎部が原因となり出てきやすい症状である。

頚部は7個の椎骨で構成されているが、レントゲン検査にて大きな異常がみられないケースでも特に上部頚椎のアライメント不良や可動制限、骨の歪みによって首周囲の筋肉や靭帯の過緊張を招くことにより、首から枝分かれし上肢を支配している神経を圧迫したり、それら神経を包んでいる膜を引っ張ることによって神経症状が出ていたのではないかと推測される。

頚椎のアライメント異常がなくなり生理的湾曲を取り戻すことにより、血液や体組織液・脳脊髄液などの循環不良もなくなり回数を重ねるごとに身体の状態が正常になっていった。今では毎日飲んでいた痛み止めの薬を飲まなくても日常生活を過ごせるようになっている。

お客様の声をご覧ください

めまい・ふわつきもなく不快な症状が全てなくなってきている

お客様写真

(1)来院される前、どのようなお悩みでしたか?

・両足・膝から足の前側のシビレ

・両腕、手先のシビレ

うつむく姿勢で「めまい・ふわつき」首の痛みでイスに長い間座れない。

(2)実際に施術を受けて、どのように変化しましたか?

まずは自分のどうなりたいのかの目標を決めた。

どのイスに座っても気分が悪くならない、長時間座れるようになった。正しい姿勢をとれるようになってきた。しびれもなくなり、めまい・ふわつきもなく不快な症状が全てなくなっている。

(3)これから当院の施術を受ける方に向けて一言メッセージをお願いします。

病院に行って異常のない方、年のせいだと諦めていませんか?

自分の人生を楽しむ為にまずは健康に目を向けてみて下さい。必ず以前より良くなる事は確かです。

岐阜県揖斐郡 K.Kさん 会社員 50代

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加