ぎっくり腰の痛みも1回目で効果を実感

患者

男性 30代 北方町 濱崎さん

来院

2016年3月

症状

来院前日に無理に高い棚の上の物を取ろうと身体を伸ばした際に、腰に激痛が走りしばらくその体勢のまま動けなくなってしまった。その日の夜は腰が熱を持つようなジンジンとした痛みでまともに寝られなかった。ギックリ腰になる2週前から腰に嫌な感じがあり、動くと違和感は感じていた。この方は毎年必ずギックリ腰になってしまい、その都度1週間近くまともに動けない状態になっていると問診時にお聞きした。

ぎっくり腰(その①)

治療内容と経過

ギックリ腰の痛みは1回目の治療で骨盤矯正をし20%くらいまで軽減。初回施術後は真っ直ぐ歩ける状態になった。3回目の施術後痛みの自覚症状は0になった。
しかし、毎年繰り返しているギックリ腰なので痛みが0になったからといって根本的な原因が改善されない限り、痛める前と同様の日常生活を過ごしていたら再発のリスクは付き物。その事を本人にも納得してもらい4回目以降はコンディション維持のため定期的に通院。

使用した主な手技療法

骨盤矯正・内臓調整

考察

ギックリ腰の原因は人によって様々であるが、今回のケースは日常生活で本人の自覚のないうちに姿勢がアンバランスになり、骨盤部の歪み、背骨の歪みがかなり目立っていた。筋肉や骨だけでなく、内臓疲労も合併していたために毎年繰り返してしまっていたのであろう。内臓の疲労や異常によっても背骨が歪んだり、背部に痛みとして表れることも少なくない。現在では、コンディション維持のための定期的な施術と日常生活の改善を出来たことにより、発症から9ヶ月経っているが調子の良い状態を継続している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加